AGA発症は遺伝にある|AGAになる原因を知って改善しよう

AGAの治療を受けるなら博多にあるクリニックに行こう

AGA発症は遺伝にある

髪の周期

発症しやすい人

AGAが発症しやすい人は、血縁者の中にAGA発症者がいるかどうかで判断することができます。AGAが発症する原因はジヒドロテストステロンという成分が髪の毛の成長を止めてしまうため徐々に毛が薄くなってしまうのです。ジヒドロテストステロンは、思春期の時期に筋肉を作るという働きがあるのですが、若い頃に多く分泌してしまうと成人後からAGA発症率を高めてしまうのです。

遺伝子検査で調べられる

博多にあるAGA専門クリニックでは、発症しやすいかどうかを遺伝子検査で調べることができます。検査方法は、アンドロゲレンレセプターの感受性が高いかどうかで調べていきます。遺伝子検査というと怖いというイメージを抱く人もいますが、博多にある専門クリニックでは口の中の粘膜を綿棒で採取するか、血液検査をするといった簡単な方法のため気軽に挑戦することができます。

遺伝子が原因でも予防できる

薄毛になってしまう原因が必ずしも、AGAだけというわけではありません。そのため、まずは規則正しい生活を送りバランスの整った食事を心がけるようにしましょう。髪の毛の成長を促したいという人は、髪に必要な栄養分を多く含んでいる食品を摂取しゴールデンタイムと言われる時間帯には眠るようにしてください。

一人で悩むのはやめましょう

誰しも人に相談することのできない悩みを抱えています。しかし、勇気を持って誰かに相談することで解決への糸口を見つけることができるかもしれません。薄毛に悩んでいる人は、専門医に相談してみましょう。